「お金を借りる」ことに関する名言集

お金を借りるというのは様々なドラマを引き起こすものだけに、古来から数々の名言があります。
偉人たちが発した名言を知っておけば、お金を借りる時に役に立つため知っておいて損はありません。

シェイクスピアはこのような言葉を残していて、金を貸すと友達も金もなくしてしまう、金を借りると倹約の心が失われるとしています。
日本でも金の切れ目が縁の切れ目という言葉があるように、友人であってもお金を貸すことによって人間関係が壊れてしまい、お金まで返ってこないということがあるものです。
また、安易にお金を借りるようになると困ったときには借りればいいという気持ちになりやすく、倹約の心が失われてしまうため、この名言はまさにお金を借りる人貸す人の心理を言い表した言葉だといえます。

フランクリンの名言に、借金するのは自由を売ることなりというものがあります。
これも借金を明確に表した言葉といえるものであり、お金を借りることによって利息をつけて返済をしなければならないため、借金をしている間はそれに縛られることになります。
利息がついている分だけ借りた金額以上に自由な時間を失われてしまうことになりますから、お金を借りることは自由を売るのに等しいといえます。

お金を借りることに関する名言というのはこれ以外にも様々なものがあり、心に響くものも少なくありません。
お金を借りることを考えている人は、これらの名言を借りる前に一度目を通して見るのも良いでしょう。