外壁塗装をする時の挨拶は必要?

外壁塗装は基本的に自宅の敷地内で行い、そして家屋への作業で完了しますので挨拶は不要に感じられてしまうことがあるようです。しかしながら時にはご近所に迷惑になってしまうことを理解しておかなければいけません。
トラックや見知らぬ人が出入りをしたり、足場を組む際に騒音が出る、塗料の臭いを不快に感じさせてしまう、高いところまで上がるために部屋の中が見えてしまうなど、作業に伴いこうした迷惑をかけてしまうことがあります。それが原因でトラブルになってしまうこともありますから、お互いのためにも一言伝えるようにした方が無難と言えるでしょう。
挨拶へ行くタイミングですが、余裕を持って早めに行くようにした方が良いと言えます。ご近所が常にいるとも限りませんので前日や当日ですと会えないこともあります。遅くなるよりも前もって行動した方が失敗が少ないはずです。
なお粗品程度でも良いので持参することが望ましいです。気心の知れた仲ならまだしも、あまり知らないという人もいるかと思われますから、気持ち程度の物を用意しておくと安心です。粗品ですので金額的には500円程度の物でも良く、例えば石鹸やタオル、指定のゴミ袋などでも良いでしょう。
挨拶をする際には伝えておいた方が良いことがいくつかあります。それはいつから施工が始まりいつ終わるのか、休日は作業をするのか、作業の際には周りにどんな配慮をするのかなど、周囲が気になることについて情報提供をしておくとトラブルも回避しやすくなります。
初めての外壁塗装講座|コスパ最強!相場から読む1番おすすめの方法とは?はこちら